【企業情報】 公益財団法人香川県国際交流協会(アイパル香川)

 経営理念

県、市町、民間団体等と連携しつつ、多くの県民参加の下に国際交流を推進し、世界の人々との相互理解と友好親善を図ることにより、県民福祉と世界に開かれた地域づくりの促進に寄与することを目的としています。

香川県国際交流協会では、県、市町、民間団体等と連携しつつ、県民参加の下、国際交流を推進するとともに、外国人住民への支援や多文化共生社会の担い手育成など、多文化共生の社会づくりのため、各種事業に取り組んでいます。

インターシップ情報は >>>こちらのページ

事業内容企業概要
組織名 公益財団法人香川県国際交流協会
 所在地 〒760-0017 香川県高松市番町1-11‐63
アイパル香川(香川国際交流会館)内
TEL 087-837-5908 FAX 087-837-5903
HPアドレス  http://www.i-pal.or.jp/
設立 平成元年(1989年)10月31日設立
平成24年(2012年)4月1日公益財団法人に移行
事業内容
  • 国際交流事業の企画及び推進
  • 民間団体の国際交流活動に対する支援
  • 国際交流活動を行うボランティアの組織化及び育成
  • 留学生、研修員その他の在県外国人に対する支援
  • 国際交流に関する情報の収集及び提供
  • 海外移住、海外技術協力等に関する事業
  • 外国語習得のための研修事業
  • 香川県知事の指定を受けて行う香川国際交流会館の管理及び運営
  • その他この法人の目的を達成するために必要な事業
基本財産  776,006,000円
認定 地域の中核的国際交流団体である「地域国際化協会」として、平成2年(1990年)1月23日自治大臣から認定されました。
平成24年(2012年)3月26日、香川県から公益財団法人として認定されました。