理事長 挨拶

若者達に…自分らしく輝けるステージを手に入れて欲しい!
これがNPOがんばる学生就職支援ネットワークの活動の原点です。

長年にわたる若者への就職支援活動の中で感じます事は、
多くの若者達は働く事に対して夢を持たず、生きていく為の手段として仕事を見ているという事です。
そこには自分の興味ある世界や自分の個性に対しての認識がなされぬまま…、

また企業に対しての理解も不十分な状態の中で、
知名度や条件だけに目がいった状態で企業選びを行っているという現実があります。
そしてそれが結果として‘早期離職問題’へと繋がっていると、私どもは感じているのです。

人生において多くの時間を割く‘仕事’という部分において、‘自分らしく働く事が出来る仕事’を見つける事は、その人の人生を豊かなものにする上でとても大切な事です。
また個人の仕事に対する満足度が上がれば、必然的に企業における生産性の向上へとつながり、結果として、双方にとってハッピーな関係を築く事ができるのではないでしょうか。

私どもは若者たちが積極的に仕事を通じて自己実現(人生設計)をしようとする意識を高めるような仕組み、取り組みが必要であると考えています。そしてそれが、NPOがんばる学生就職支援ネットワークの目的であり、社会的使命でもあります。

地域の「若者たち」と地域の「仕事」を結びつけ、人と人との触れ合いから若者達が自身の価値観や個性に気付き、「働くことへの意欲」が湧き出るようなネットワークづくりを目指しています。特に学生の皆さんには、早い段階から本ネットワークを利用していただき、多くの仕事(企業)や企業人との交流の中で、‘ 自分らしく働ける場所’としての企業(仕事)と巡り会い、幸せな人生に向かって順調なスタートをして欲しいと願っております。

NPOがんばる学生就職支援ネットワーク
理事長 疋田 光伯