求人スカウトページへの登録
求人参加企業お申込み

当サイトについて

ごあいさつ

地域の若者たちに元気になって欲しい!これがNPOがんばる学生就職支援ネットワークの活動の原点です。

労働経済白書(2005年版)によりますと、定職をもたないフリーターと就労も就学もしていないニートの数は、それぞれ213万人と65万人にのぼり、深刻な社会問題となっております。また、就職後3年以内に離職する若者の割合は、中卒で7割、高卒で5割、大卒で3割に達しています。これらは、日本の社会が高度に情報化、専門化したことで、子供たちから仕事、職業人が見えにくくなり、社会から「働くこと」を学ぶ機会が失われたことが大きな原因の一つと考えられています。また、教育現場と社会とが切り離され、学校生活と職業生活とのギャップが大きく、若者たちが社会に参加する意欲や社会に適応していく力(社会力)が低下していることとも深い関係があります。

上述のように日本の将来を担う若者たちの就業意欲が低下し、また就職したとしても長く続かないという現状が日本の将来に大きな影を落としています。さらに深刻なことには、少子高齢化が進み2025年にはひとりの老人を2人の現役世代で支えなくてはなりません。日本の将来が危うくなっています。

これらの問題を解決するためには、若者たちが積極的に仕事を通じて自己実現(人生設計)をしようとする意識を高めるような仕組み、取り組みが必要であると考えています。これが、NPOがんばる学生就職支援ネットワークの目的であり、社会的使命でもあります。私どもは、地域の「若者たち」と地域の「仕事」を結びつけ、人と人との触れ合いから「働くことへの気づき」や「働くことへの意欲」が湧き出るようなネットワークづくりを目指しています。特に学生の皆さんには、早い段階から本ネットワークを利用していただき、多くの仕事(企業)と企業人との交流の中で、社会人・職業人としての資質・能力を高め、仕事を通じて自己実現ができる企業と巡り会い、幸せな人生に向かって順調なスタートをして欲しいと願っております。

NPO(特定非営利活動法人)
がんばる学生就職支援ネットワーク
理事長 疋田 光伯


 

JOBWAY JOBWAYかがわ香川県中小企業家同友会