求人スカウトページへの登録
求人参加企業お申込み

(有)広野牧場 (2018年度入社)

  • 〒761-0821
    香川県木田郡三木町鹿庭215番地
    TEL.087-899-0555
    FAX.087-899-0555


  • 広野牧場 HP:http://www.hirono-farm.com
    森のジェラテリア MUCCA(ムッカ)HP: http://www.morino-mucca.com
    森のピッツェリアVACCA HP: http://www.morino-vacca.com
  • 応募職種: 牧場スタッフ、加工部門スタッフ
  • 応募資格:大学院生, 大学生, 短大生, 専門学校生, 高専生, 高校生,既卒者(卒業3年以内)
  • 2016年度実施 インターンシップ情報は >>>こちら

農業の未来をつくる女性活躍経営体100選(WAP100)受賞企業です! >>>こちら

広野牧場はスタッフたち・牛たちと共に、農業の新しい価値と感動を創造します。

21世紀は農業・農村の時代です。
牧場には自然・牛・花・野菜など四季を通じて楽しめる空間があります。
農業は第1次産業だという事にこだわらず、農業の可能性を広げようとスタッフ一同がんばっています。そして、とりわけ私たちが重点目標としているのは、「酪農教育ファーム」です。
これは、地域の子どもたちや一般消費者、教育関係者を牧場に受け入れ、牧場でしか体験することのできない様々な体験をしてもらい、自分たちが普段何げなく食べている「食べ物」の生産現場を理解してもらうとともに、子どもの生きる力を育む心の教育や生命尊重の教育、食の教育を支援する取り組みです。
私達と一緒に、自然の中で季節を感じ、育てる喜び、食べる喜びを感じてみませんか。たくさんの人が集い友達・仲間になれる広野牧場で・・・。

子供の生きる力を育む教育活動の実践の場として、
当牧場は「酪農教育ファーム認証牧場」となっています。

    【酪農教育ファーム】
    ~いのちをふれあう。生きるをふれあう。~

    酪農教育ファームとは、牧場の持つさまざまな資源を教育的に利用し、総合的な学習や、子供の生きる力を育む教育活動の実践の場として中央酪農会議が当牧場を含め全国250ヶ所の牧場を「酪農教育ファーム認証牧場」として指定しています。
    現在、当牧場においても地域や都会の人々に牧場や農場を教育の場として開放したり、農業・農村の良さを知ってもらうとともに、農業の多面的な機能を理解してもらうため、普及・啓発活動を展開しています。
    牧場には楽しいことやおいしい食べ物がいっぱいあるので、是非、広野牧場に新しい発見や体験をしにおいで下さい。

    職場環境は自分達で創る

    実際の酪農現場を皆さんはご存じですか?
    当然、生き物相手の仕事ですからマニュアル通りにはいきませんし、早朝や真冬の業務は慣れるまで大変です。それでも、若いスタッフのみんなは力を合わせ、楽しみながら仕事をしています。 農業の可能性や未来を感じられる職場です。
    新たな取り組みとして平成25年1月、森のジェラテリアMUCCA(ムッカ)、平成27年8月、森のジェラテリアMUCCAこんぴら店をオープン。牧場の生乳を使ったジェラートを食べれるお店です。
    これからも「だから農業は面白い」と思える職場を社長はじめ、スタッフ全員で実現していきます。
    アスパラガスの生産も開始します!

効率を一人ひとりが考える

酪農は設備投資型の事業です。乳牛の購入や牛舎など、設備にお金がかかる。
だからこそ、今ある資産(牛や牛舎)をいかに効率良く売上に変えていくかが最も大事。日々の酪農作業においても、それは同じです。いかに手際よく、乳牛と向き合っていくかが重要。
私が一人で業務をこなしていた頃は、50~60頭の乳牛の搾乳を2時間ほどでこなしていました。要するに、手際次第でいくらでも効率化できる訳です。
私はスタッフに常々「よく考える」「自分で考える」様に諭します。
あなたにも自発的に答えを出し、行動することでより多くのものを吸収してもらいたいですね。
これからも「だから農業は面白い」と思える職場を社長はじめスタッフ全員で実現していきます。

観光農園への取り組み

平成20年、農業の更なる可能性を求めて営業を開始した(株)森のいちご。
当社・社長の広野をはじめ、地元農家や地主さんが出資し、観光農園事業を始めました。 代表を務めるのは元・広野牧場の社員、本田さん。
この農園は当社・広野や本田さんの思いが詰まったある種のコンセプト農園です。
「農業に携わる人間や情報の全てが集まる農場にしたい。農業の面白さや旨みが 体感できるような農場に・・・。 」
事実、この農園は金融機関から各生産法人、消費者、町の職員など 、様々な人々が訪れます。もっと活動を広めていきたいですね。

農場見学、大歓迎です!

当社で活躍するスタッフの多くは県外出身のIターン組。
・香川県がどんなところなのか?
・牧場の環境はどうなっているのか?
・乳牛を実際に飼育するってどんな感じなのか?

当社では職場見学、インターンシップ大歓迎です。
宿泊施設(ロッジ)を併設していますので事前にご連絡頂ければ、食事もご用意してじっくりお話させて頂くことも可能です。
もちろん、最終的にご応募頂かなくても結構ですよ。
不安なことや疑問点がクリアにならないとお互い、幸せになれませんからね。
面接としてではなく、牧場や当社を知るために是非、一度見学に来て下さい!

※広野牧場は農業をたくさんの方に知ってもらいたい!職業の選択肢としてみてもらいたい!という想いから積極的にインターンシップの方を受け入れています。 大学生が多いですが、高校生、社会人の方など1週間から2ヶ月と期間も様々で、30名ほどの方が来ます。
農業インターンシップ→http://www.nca.or.jp/Be-farmer/intern/

先輩メッセージ   

 酪農部門 M.T(平成27年入社)
 みなさんは、牛を近くで見た事はありますか?触れてみた事はありますか?
私は広野牧場に入社して2年目です。入社するまでは、見た事も触れた事もありませんでした。イメージでは、近くに行くと突進されると思っていたくらいです…。でも、そんな事は全く無くて牛たちはとても穏やかな性格をしています。
一頭ずつ柄も顔も違って性格も違います。スタッフの間では、ほとんどの牛に名前を付けてその名前で呼んでいます。
広野牧場のスタッフは牛が好き、動物が好きで働いています。知識や経験がなくても大丈夫です。みんなスタートは同じです。農業を知るきっかけとしてインターンシップからでも始めてみませんか?私達と一緒に牛たちと生活してみましょう。

企業概要
設立 2001年7月6日
代表者 広野 正則
従業員数 26名 / 男10・女16  (パート男1・女6)
資本金 6,120万円
売上高 4億5900万円
所在地 〒761-0821 香川県木田郡三木町鹿庭215番地
TEL.087-899-0555
事業内容
  • 【酪農部門】
    乳用牛(ホルスタイン)295頭、子牛約50頭
    年間出荷乳量2900t 堆肥販売
  • 【和牛繁殖部門】
    黒毛和種雌20頭
  • 【交流部門】
    農産物収穫、酪農・農産物加工体験、宿泊研修等
  • 【飲食部門】 ジェラート製造・販売
    森のジェラテリアMUCCA(ムッカ) 三木町本店
    森のジェラテリアMUCCA(ムッカ) こんぴら店

勤務と待遇
募集職種 牧場スタッフ、加工部門スタッフ
休日/休暇 月4日以上 ※年間休日80日程度
初任給

【大 卒】184,000円(総支給額) / 180,000円(基本給)
【短大・専門卒】179,000円(総支給額) / 175,000円(基本給)
【高 卒】174,000円(総支給額) / 170,000円(基本給)
 ※試用期間は総支給額150,000円(2 ヶ月間)

諸手当 固定残業代 20,000円(25時間相当)、交通費 4,000円
賞 与 年2回 7月、12月
昇 給 年1回 7月
勤務地 香川県木田郡三木町
勤務時間 5:00~21:00の間でシフト制 ※状況により、早出・残業アリ。

福利厚生
社会保険 健康保険、雇用保険、厚生年金、労災保険
教育/研修 社内・社外研修、同友会研修

応募と選考
応募資格 大学院生, 大学生, 短大生, 専門学校生, 高専生, 高校生,既卒者(卒業3年以内)
採用人数 2名程度
採用学科 学部・学科不問
必要な資格 普通自動車免許(AT限定可)
提出書類
  • 履歴書(写真添付)
  • 健康診断書
  • 卒業見込証明書
  • 成績証明書
選考方法
  • 書類選考
  • 面接
望む人物像

◆農業での独立を考えている方や新しいことにチャレンジしてみたい方、大歓迎です。

連絡先

〒761-0821 香川県木田郡三木町鹿庭215番地
TEL.087-899-0555  /   FAX.087-899-0555
E-mail:info@hirono-farm.com
担当 広野 豊


 

JOBWAY 香川県中小企業家同友会